塾講師として悩んだ時は原点回帰


塾講師の仕事は実に大変な仕事です。 「生徒にとって自分の講義は分かりやすいのか?」、「保護者が思い描く様な指導を自分は、出来ているのか?」、「塾側の期待する様な仕事を自分は出来ているだろうか」 などなど悩みは尽きませんし、働く中で精神的に辛い場面も少なくありません。 そういった場面にいざなってしまうと、どうしてもプラス思考にはなりませんし、基本的な事をついつい見落としてしまいがちです。


今回は、「生徒の成績が伸び悩んできた時」と「自分の指導力について疑問が生じた時」のふたつの場面について考えていこうと思います。 前者の場合ですと実は「焦りやプレッシャー」から「生徒はひとりひとり違う」という側から見ていたら「そんな事は当たり前だろう」とも取られかねない点を見落としてしまった事から来る講師の勘違いというケースもあるという事について、 後者は、そもそも自分の仕事ぶりに絶対の自信を持っているという方が少ない為に、誰でも生じうる問題です。


とはいえ、塾講師という職業を考えるにつけ「自らの指導力」は考えても考えても答えの出ないマラソンのようなモノです。 その尽きない悩みと上手く長く付き合う上で、1度深呼吸をして考える際に何をどうやって考えたら良いのかのヒントとして少しでもお役にたてればと考えています。 これからアルバイトとして、あるいは本格的に塾の講師を目指したいという方も、今、まさに講師として仕事をしているという方も参考にして頂ければ幸いです。


 

LINKS

塾講師のメンタルに関する外部リンク

Read more…

SITE MAP

当サイトのサイトマップ

Read more…