生徒が伸び悩みの時


塾講師にとって1番の悩みはやはり生徒の成績では無いでしょうか? それに付随する形で「自分の指導方法はコレで正しいのか?」、「子供は自分の説明が分からなくはないだろうか?」、「保護者の方の要望に自分は答えられているのか?」、「塾側の要求するレベルの仕事が出来ているのか?」 などなど悩みの種類を挙げだしたら枚挙にいとまがありません。


そこで精神的に辛いのはある時期から生徒の成績が伸びなくなる事です。この点は早かれ遅かれほぼほぼ必ずと言っていい程訪れる事です。 重要なのは「生徒はひとりひとり違う」という事です。入塾直後から真面目にコツコツ取り組んでいる子供はジワジワと少しずつであっても確実に成果を上げていきます。 しかしながら、その成長の度合いは目に見えるものでは無いので生徒と講師の当事者間以外には伝わりづらい部分でもあります。


反対に勉強をする習慣が無い生徒を机に向かわせる所からスタートした場合、ある時期からドンドン成果を上げる事があるので、その成長ぶりは誰がみても分かるかもしれません。 ただ、周りから見ると「もっともっと」と欲も出てしまいます。この様にひとりひとり生徒の特性はそれぞれ異なります。 保護者への説明を含めてひとりでネガティブに悩まずにあくまでもポジティブに生徒と向き合う事が重要です。


 

LINKS

塾講師のメンタルに関する外部リンク

Read more…

SITE MAP

当サイトのサイトマップ

Read more…