指導力についての悩み


どの立場であれ、生徒を指導する先生や監督、もちろん塾講師は自分の指導の形を手に入れるまではそれ相応の時間と経験が必要です。 その過程において自分の指導力について弱気になる場面は1度や2度ではありません。その場合は原点回帰が1番の解決方法です。 それでは前提問題として塾講師に応募した場合に採用する側はどの程度の指導力を求めているのでしょうか。


第1に多くの場合、就職か大学生のアルバイトかにもよりますが、特別な指導力よりは「基本的な高校生程度の学力があるか?」をチェックしています。 第2に「指導する科目数は多い方が良いとは限らない」という事です。新人講師が「1科目しか指導してなくて良いのだろうか?」という話を時々耳にしますが、


実は採用する時点では「あまり科目数は重視していません」というのが多くの声です。中学生を教える場合はほとんどの科目は勉強した経験があるはずなので、 塾に入ってからの補充知識で十分補えます。なので、講師になってからの経験の方が重要で何か特別な能力や科目数の多さが必要という訳では無いのでその点はあまり、心配はいらないと言えます。 ただ、覚えておきたいのはやはりと言うべきか多くの塾で理数系科目の講師が足りない場合が多い点です。

 

LINKS

塾講師のメンタルに関する外部リンク

Read more…

SITE MAP

当サイトのサイトマップ

Read more…